当事務所の特徴-富裕層・資産家に対する不当な要求を阻止

資産をお持ちの方となると、詐欺や恐喝など、不当要求のターゲットにされることが多々ございます。

社会的にお立場があることも相まって、誰にも相談することができず、また、相手方の要求に応えることができてしまう資力があることから、被害が甚大なものになる傾向があるのです。

以上、特に不当要求にさらされる可能性のある資産をお持ちの皆様には、個別の契約のほか、継続的かつ予防的な対応を可能とするため、顧問契約もご提案させていただいております。

また、事案によっては、弁護士以外にも、税理士や警察OBなどの専門家による総合的な支援をご提案させていただきます。

 

●こんな方におすすめ

 ・弱みを握られるなどして脅されている方
 ・根拠のないお金を請求されて困っている方
 ・身内から不当な要求をされている方
 など

 

●事例

富裕層・資産家に対する不当な要求への対応例

 

ケース1:会社代表者への恐喝行為への対応

会社代表者への恐喝行為への対応個人的な弱みを握られた代表者が、誰にも相談できずに、多額のお金を払わされていました。

これで終わり、と言われながらも、何度もお金を要求され、困り果てていたところにご相談をいただきました。

すぐに当職が介入し、要求を拒否したあと、調査のうえ相手方の身元を特定し、相手方の自宅を訪問して、支払済のお金の返金交渉を行いました。結果、全額の回収に成功しました。

 

ケース2:ご家族をターゲットとした恐喝行為への対応

ご家族をターゲットとした恐喝行為への対応とある資産家のお子さんが、とあるサービスの料金支払で揉めておりました。

相手方は本人のみならず、家族や家族の会社を巻き込んで、法的に妥当な範囲を超えるお金を払わせようとしておりました。

すぐに当職が介入し、法的に妥当な範囲を超える請求を拒絶、合意書を作成のうえ、適正料金のみ支払って、今後、家族や会社への連絡をしないよう警告を入れました。

 

ケース3:過大な要求をしてくる身内への対応

過大な要求をしてくる身内への対応とある資産家の方が、身内から、事あるごとに因縁をつけられてお金を請求されて困っているとのご相談をお受けしました。

お調べすると、どうやら身内の背後によからぬ人物がいることがわかりました。

そこで、速やかに当該身内に対して請求には応じかねるとの回答をするとともに、背後にいると思われる人物にも連絡を取り、同様に、今後一切の不当な要求には応じない、必要に応じて警察への対応を要請すると警告を入れました。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー