男女間トラブル(不倫相手からの脅迫等)への対処方法

会社経営者や教師、医師、大学教授などの社会的地位のある方が男女トラブルに巻き込まれると、高額な慰謝料を請求されるケースが多いので注意が必要です。

たとえば不倫関係を清算しようとしたときや不倫相手が妊娠したときに慰謝料請求されるケースもありますし、高級ソープ嬢と交際していたところ、相手の男が出てきて脅されるパターンなどもあります。

以下では経営者や社会的地位のある方にもありがちな男女トラブルの解決方法について解説します。

 

1.相手の女性から脅される

会社経営者や教師、学校の校長などが不倫していると、世間におけるイメージが著しく低下します。そのことを知っているので弱みにつけ込み、脅迫してくる不倫相手の女性がいます。

たとえば別れようとしたときに「別れるならこのことを公表する」と言われて慰謝料を支払わされるケースもありますし、「妊娠した」と嘘をついてお金をだまし取ろうとするパターンもあります。

 

2.相手の女性の夫や彼氏から脅される

お金のある方の場合、高級ソープ嬢などと交際することもありますが、そのバックには暴力団が絡んでいることもあるので注意が必要です。弁護士が過去に取り扱った事例では、高級ソープ嬢と交際しておられた方がバックの暴力団風の男性から金銭を恐喝されたケースなどもあります。

また、会社経営者の方が不倫していたところ、不倫相手の夫が法外な慰謝料を請求してきた上に「世間に公表する」と言って脅してきた事例もありました。

 

3.男女トラブルは、専門家にお任せ下さい

会社経営者の方などが男女トラブルに遭われた場合、できるだけ早めに弁護士に相談すべきです。

自分で対応すると、相手の不当な要求に屈して支払い義務のないお金を支払ってしまうことになりますし、それでも相手が退いてくれずつきまといが続いたり、更なる金銭請求を受けたりすることがあるためです。最終的には会社や世間に事実がバレてしまうことも多いです。

当初から弁護士にご依頼いただけましたら、弁護士が水面下で動いて誰にも知られず問題を解決することも可能となります。

社会的な立場があるので誰にも相談できずに悩んでおられるならば、まずは一度、不当要求専門の弁護士までご相談下さい。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー