【解決事例紹介】出会い系サイトで知り合った女性から慰謝料名目で高額の金銭を請求された事案

 

 いわゆる出会い系サイトを通じて知り合った女性と性的関係を持った後、短期間で関係の解消を申し入れたところ、相手方が精神的に苦痛を被ったなどと主張を始め、自宅や会社への訪問を匂わせながら揺さぶりをかけてきたため、困った依頼者は500万円を支払ってしまいました。

 その後、さらに500万円の支払請求を受けたため、ご自身で対応できなくなり、弊所に相談にまいりました。

 

 弊所が即日介入、相手方の身元が明らかでなかったため、電話番号から契約者情報を調査し、住民票を取得したうえで住所を特定。

 住所地宛に書面を送り、500万円の支払拒絶及び既に支払ってしまった500万円の返金請求、返金がなければ法的措置に移行する旨伝えました。

 

 当初相手方は当方からの連絡を無視しておりましたが、電話と書面で連絡を取り続けたところ、相手方の親御さんが代理人として連絡をしてきて、500万円を分割で弁済することを申し入れてきました。

 

 その後、分割ではありましたが、相手方から弁済を受けて終件いたしました。

 

 出会い系サイトにおいては、相手方の身元が確実に把握できないことが多いことから、トラブルになる件数が非常に多いと言えます。

 利用に際しては細心の注意を払っていただき、何らかのトラブルに発展した場合には、お金を払うなどの具体的なアクションに出る前に、弊所にお気軽にお問い合わせください。

 お金を払ってから取り戻すのは非常にハードルが高くなります。

 

 弊所では無料相談を365日24時間受け付けております(待機している弁護士の都合が合えば、早朝や夜中でも直ちに無料相談をお受けすることが出来る場合がございます。)。 

 またLINEでの相談も可能ですので、少しでもご不安な点があればご連絡ください。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー